成功してる人ほど筋トレをしてる理由とは?

Body make

こんにちは、Kennです!

突然ですが、皆さんは筋トレしていますか?

日本でもフィットネスブームが到来しつつありますが、僕の会社を見る限りではまだまだ筋トレを日常的に行っている人は非常に少ないようです。

しかしYoutube、twitter、ブログ等のSNSを見ていると成功している人ほど筋トレを日常的に行っていることに気づきました。

そこで「なぜ成功している人ほど筋トレをしているのか?」

本日はその理由について考えていきたいと思います。

成功者が筋トレする理由①継続力が身につく

例えばブロガー兼Youtuberでありプログラマーでもあるマナブさん。

彼はブログとYoutubeの収益で月7桁の収入を叩き出す成功者の一人ですが、彼はtwitterでこう述べています。

マナブさんのtwitterはここから

マナブさんがtweetしてるように筋トレで成果(例えば筋肉の増量だったり、体脂肪の少ない身体をつくること)を出すためには日々の積み重ねが必要です。

気が向いたとき時だけ筋トレするって感じだといつまでたっても成果を出すことは出来ません。

たとえイマイチ気が乗らない、忙しくてあまり時間がないって時も継続し続けることでこそはじめて成果を出すことが出来ます。

そしてこのことは筋トレだけでなく人生における多くのことにあてはまることだと言えます。


夢をつかむことというのは一気にはできません。ちいさなことを積み重ねることでいつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。

イチロー 262のメッセージ より引用

この言葉は引退を宣言した野球界のスーパースターであるイチロー選手の言葉です。

イチロー選手は一般の人から見ればまぎれもなく天才であり、成功者です。

しかしそんな彼の成功の裏にも日々の小さな積み重ね=継続があったという訳です。

成功者が筋トレする理由②自制心が身につく

社長業のかたわら出版した著書「筋トレが最強のソリューションである」の大ヒットで一躍有名になったテストステロン氏はこう述べています。

テストステロン氏のtwitterはここから

言うまでもなく筋トレはキツいです。

筋肉痛で次の日身体の節々は痛むし。

増量して筋肉量が増えたら今度は余分な脂肪を落とすために減量しないといけなかったりするし。

こういういくつもの試練を乗り越えて筋トレで成果を出すには、「サボりたい!好きなもの好きなだけ食べたい!」って欲求と正面からぶつかって突破していかないといけません。

そもそも筋トレは手段であり目標はその先にあります。

目標をかなえる為には、日々自制しつつ筋トレを継続しないといけない訳です。

そしてこれは人生のあらゆる場面で同じ流れで出てくるのです。

受験勉強であったり、ビジネスで成果が求められる場面だったり、形は違えど構造は同じです。

目標はあれどそれを邪魔する欲望が待ち構えていてあなたのことを誘惑してくるわけです。

その際に自制して目標のために欲望に打ち勝てるかが分かれ目になるのです。

成功者が筋トレする理由③自責の精神が身につく

筋トレで成果を出せた人というのは、当然日々筋トレを続けることが出来た人です。

逆に筋トレで成果が出せなかった人は、日々筋トレを続けることが出来なかった人です。

才能・性別・国籍等もなーんにも関係なく来る日も来る日も筋トレを継続出来たか、出来なかったかだけ。

それ以外に理由はありません。

つまり「筋トレの成果の有無=完璧に自責」なんです。

筋トレを通じてこの「自責」の精神を身につけると人生が好転します。

「自律」は、自分で仕事を創り出し、結果まで含めてすべての責任を自分が負う、と意識して仕事を行うことだ。だから、自律している人は、上司のせいや会社のせい、親のせいにしない。仕事に限らず人生は、他責ではなく、自責でやらない限り人にコントロールされてしまう

小杉俊哉・塩見哲志 僕たちは「会社」でどこまでできるのか? より引用

これは小杉俊哉さん(元アップルコンピューター株の人事総務本部長担当、現在は合同会社THS経営組織研究所代表社員で慶應義塾大学SFC研究所上席所員でもあるというとてつもない経歴の持ち主)が自身の著書で述べていることです。

自責の精神で人生を生きないと他人の人生を歩むことになるよってことです。


Control Your Own Destiny or Someone Else Will

自らの運命をコントロールせよ。
さもなければ、他人にコントロールされることになるだろう

GEの元CEO Jack Welchの名言

これと同様のことをGE(ゼネラル・エレクトリック社)の元CEO・Jack Welch(ジャック・ウェルチ)も語っています。

自らの運命をコントロールせよ=自責の精神で自らの人生を歩みなさいって意味と同義です。

筋トレを通じて自責の精神を身につけることが間違い無く人生にとってもプラスに働くことが分かります。

この記事のまとめ

成功している人ほど筋トレをしている理由
①:筋トレを通じて継続力が身につく。
②:筋トレを通じて自制心が身につく。
③:筋トレを通じて自責の精神が身につく。

今回は「成功してる人って筋トレしてる人が多い気がするな、なんでだろう?」という僕のなかでの疑問を自分なりに深掘りして考えてみました。

あくまで僕なりの解釈ではありますが、この記事を見てくださった方がポジティブにものごとを捉え筋トレだけでなく新しいことにどんどんチャレンジして頂けると幸いです。